2006年05月27日

製作研展示会2006

展示会場の様子

日本バイオリン製作研究会主催の展示会に行ってきました。
場所は自由学園・明日館(みょうにちかん)講堂(池袋)で
弦楽器フェアに比べると規模的にはすごく小さく
まさに展示会という言葉にふさわしい印象でしたが、
プロの演奏家による展示楽器の試奏会などもあって
会場は熱気であふれていました。
製作研究会というのは、弦楽器フェアの主催団体である
日本弦楽器製作者協会の準会員部門(アマチュア部門)が
独立したものだそうですが、
その後、プロの作家としてデビュー活躍されている方も
そのまま継続して所属しておられたりするんですね。
そういったプロの方の作品は会場の多くの楽器のなかでも
(私のような素人目にも・・・)存在感がありました。

今回展示会直前に
ヴィエニアフスキ国際バイオリン製作コンクールで
優勝された菊田さんもそんな作家さんのおひとりなんですね。
そういう作家さんの楽器を実際に見て、触れられるところが
(今回の展示会に限らず・・・)こういう展示会の
いいところだと思います。
会場には菊田さんもいらっしゃいましたので、
ちゃんと?直接お祝いの言葉を伝えてきましたよぉ〜^^

また昨年の弦楽器フェア同様?^^
会場では何人かのネットdeバイオリン仲間とも合流出来たりと
短い時間でしたがとても楽しい展示会でしたわーい(嬉しい顔)

あと、これはバイオリンとは直接関係のないことなんですが、
展示会場の自由学園明日館。すごく趣がありました。
フランク・ロイド・ライトの設計によるもので、
重要文化財なんだってぇ〜!!
*ただし展示会場になった講堂は遠藤新の設計によるもの。
池袋はよく行くんですが、こんなところがあったんだぁ〜!!
ちょっと印象に残る建物でした。
タグ:楽器
posted by ぽろろん♂ at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18718892
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。