2006年05月29日

レッスン61

発表会後最初のレッスンです。
レッスン曲は、篠崎版カイザー23と
新曲パパモーツァルトのおもちゃのシンフォニーです。
おもちゃのシンフォニーは篠崎2巻(通称、緑の篠崎さん)
にも出てきたんですが、
そちらは2、3楽章で今度やるのは1楽章だと思います。
たぶん・・・。
それと今日のレッスンから先日購入のカーボン弓を
しばらく使うことにしました。
「いままで使っていた弓より音量が出ているよ」(先生談)
ということなので・・・。

で、レッスンですが・・・
まぁ〜発表会後の一発目はこんなものかなぁ〜?
の出来でした(^^;
って完全に発表会ボケですorz
ボウイングを注意されるのは毎回のことなんですが、
それに音程の甘さが加われば、
ここを覗いてくださっているみなさんなら
レッスンの内容が容易に想像がつくのではないでしょうか?!
ということで今回の課題は次回レッスンに持ち越しです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

久しぶりに、私用メモをば・・・。
次回(6月13日予定)までに消化すべき練習メニュー
・音程が垂れているのでEs-dur、C-durのスケール練習
 特に、1、4指の位置を再確認する。
・カーボン弓になれるためのボウイング練習
・カイザーはテンポアップと音程
・おもちゃは指回りの悪いところの集中練習と音程
 久しぶりの二重奏なので先生の音にしっかり溶け合えるように・・・。
・4thポジの確認練習

ラベル:レッスン
posted by ぽろろん♂ at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぽろろん♂さん☆こんにちは!

カーボン弓になれるためのボウイングっていうのがあるのですか!
・・・で、結局カーボンはどーな風なんでしたっけ?
扱いやすいのかな。
Posted by のりのり at 2006年06月03日 14:49
のりのりさん、こんばんは!
カーボン弓になれるというより、
新しい弓になれると言った方が正しいですね。
カーボン弓だから何か特別な方法があるというわけではないです(^^;
あくまで私自身の問題でして、
やっぱり弓の調子とかが今までのより硬い感じがするので、
それに合わせたボウイングを試行錯誤しようかなぁ〜
って程度のことです。
カーボン弓だからって特別どこが違うという感じはないです。
ただ神経質に考えると違いがあるようなないような・・・。
ほんとうのところよく分かりません(^^;
Posted by ぽろろん♂ at 2006年06月03日 21:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。