2006年10月18日

レッスン70

今日の夜はレッスンでした。
きつね色篠崎さん(篠崎3巻)の復習2回目です。

1-3-5、3-5-7のポジション移動の練習(復習)
ゴセックのガボット
マリーの金婚式


それぞれの曲は先生と何回か合わせて、
最後にピアノに合わせて終了になりました。

今日のメモ(私用)
●ポジション移動時の注意点
・左手を急激に動かし過ぎないこと
・指先だけで音をとりに行かないこと
・ハイポジへの上がり(特に3ポジから上)で左手の柔軟さを失わないように
・ハイポジから下りてくるときに左手と指板の関係をキープすること
などなど

●曲演奏時の注意点
・(私の場合)兎に角、はっきりした音を出すことが基本
・弓を大きく使うところなど弓の配分に気を配る
・アップボウのときカスカスの音を出さない
・何時でも弓に神経を通わせておく
・的の中心を射抜くような音程を!
ちゃんと息(呼吸)をするように!!
などなど

蛇足・・・

今日、先生の口からはじめてビブラートという言葉が出てきました(^^;
金婚式を何度か弾き終わったとき・・・突然

先生「じゃー次はビブラート掛けて弾いてみましょうか?」
私「(@@)!・・・ビ・ビブラートですか??」
先生「あれ??まだやってなかったっけ?!」
私「・・・やってませ〜ん!」
先生「(ビブラート)なしで結構ですので、じゃ〜もう一回」

言葉が出てきたといってもその後ビブラートの練習したわけでもなく
その登場シーンは上のやりとりですべてなのですが、
私にも結構近くに「ビブラート」が迫ってきている?のかなと、
そんなことを感じさせる出来事でありました(^^)

タグ:レッスン
posted by ぽろろん♂ at 23:57| Comment(2) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぽろろん♂ 、こんばんは。
残念でしたね。
ビブラートかけて弾いてみたいって、
言ったらよかったのに。

私は、来年の発表会の曲が、
鈴木3巻のドボルザークのユーモレスクに、
決まりました。
まだポジション移動に入っていないので、
1stポジションで弾きます。

力を抜いて弾くのが、やっぱり難しいですね。
先生が弾くみたいにきれいな音で弾けないし。

そして、27日は川畠成道さんのコンサートに行って来ました。
前から2列目だったので、左手がよく見えました。
今までも5列目とかで遠くなかったけど、
もっとよく音が聴こえてよかった。
目指せ、最前列って感じですね。
Posted by ちと at 2006年10月29日 18:55
ちとさん、こんばんは!
ビブラートが掛けられたらいいなぁ〜
とは思うんですが、
今すぐやりたい?と云われたら別にそうでもないんですよ(^^;
ちとさんが言われているように、
まずは先生が弾くような綺麗な(発)音で弾きたい!
欲求としてはそちらの方が強いです。
ビブラートはレッスンの流れに沿って出来るようになればいいかなぁ〜って
そんな風に思ってます(^^)

発表曲が決まってさぁ〜次もやるぞー!!
って感じでしょうか?
きっとユーモレスクもちとさんにとって
思い出の曲になっていくんでしょうね(^^)

Posted by ぽろろん♂ at 2006年10月29日 22:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25718014
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。