2006年12月11日

マンガに学ぶ

のだめを読んで・・・
やっぱり曲想をイメージして曲を弾くことは大切なのかな?!
などと思いました。

のだめでは新しい曲に取り組むたびにそういうシーンが出てくるんですよね。
もちろんマンガなので音がない分そういう描写で話を盛り上げたり、
読者に曲のイメージを掴んでもらったり、
はたまたそういうシーンでページ数を稼いだり?と製作技術上の事情や
主人公はプロだったり音大生だったりと、
ある意味特殊な環境にいる人の話だからってこともあるとは思うのですが、
それでも、なんかねぇ〜私自身いままでそいういったことを考えなさ過ぎ
だったなぁ〜などと妙に考えさせられました。

で、今やっているエックレスのソナタ 第1楽章から第4楽章までの
イメージとやらを考えてみましたが・・・、
なんかピンの来たものがありませんでした(^^あせあせ(飛び散る汗)

まぁ〜まずはちゃんと音符が弾けるようになることが先決なんですが、
私のレッスンでも曲想に話が及ぶようになったので
少しずつそういうことを考える癖をつけてもいいのかなぁ〜と思ったのでした。
posted by ぽろろん♂ at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。