2005年07月16日

3ヶ月ぶりのレッスン

予告通り?昨日は夜、復帰第1回目、通算して41回目のレッスンでした。

一応、前回のレッスンで宿題になっていたところ(7月2日のログ、イントロ1参照)は
昨日の朝の練習も含めて辛うじて目を通していきました(^^;

で、肝心のレッスンですが・・・
宿題のうち、「金婚式」が○になりました^^
3ヶ月越し〜♪
あともう一曲前回のレッスンからの持ち越しになっていた篠崎版カイザー16番は・・・
さらに持ち越しです><
といいますか、レッスン時間がほぼ「金婚式」練習だけで終了しました〜(T_T)
だから他の宿題もすべて持ち越しです。

「金婚式」だけで約60分のレッスン。
それぐらいこの一曲に多くの課題がありました。
もちろん私が克服すべき課題のことですよ(^^;

で、そのひとつは音感です。3ヶ月のブランクは思いのほか大きく
音感という一番重要な部分を鈍らせてくれました。
具体的には、音程が全体的に垂れている(低い)そうです。
特に2の指(中指)のズレが大きいようです。
レッスンをお休みする前までは
確か、3の指(薬指)の音程のズレが大きいと指摘されることが多かった記憶があるんですが、
それが2の指に変わりました(^^;

全体的に音程が垂れているということは
もちろんポジション移動するときも同じなわけで、
サードポジション移動時にサードポジションの位置まで上がりきっていないといわれました。

実はサードポジション。まだ自分の中でその位置関係がしっくりいっていなくて、
まだなんか音をさがしさがし移動させているような状態なんですね。
先生にもそのことは指摘されて、
「音を探すというよりは、もう感覚的に身体全体で位置を覚えるしかないんだ」と言われました。
つまり悲しいかな練習量が足りないってことなんです。

まぁそんな感じで昨日は怪しい音感を矯正すべく、
レッスン時間の半分以上はファーストポジションとサードポジションの音階練習でした。
特に、C-dur(ハ長調)とa-moll(イ短調)の音階を・・・。

二つ目は、ボウイングです。
相変わらず、演奏中の音が綺麗じゃないからと、
開放弦を使ってボウイングの練習をさせられるのですが、
開放弦で練習しているときはそこそこ綺麗な音が出ているらしいのです。
それが、曲の中では汚くなる。
それはなぜなのか?しばらく先生は考えていましたが・・・
どうも曲演奏中は私のボウイングは開放弦の時のフリーボウイングに比べて
ちっちゃくちっちゃくなっているそうです(^^;
つまり萎縮しているんですね。おまけに先弓の部分が抜けているから(軽いから)
そこでコントロール出来ていないと・・・。
確かに、先生に言われるとおりの感覚があります。←だからだめなんじゃん(^^;

ボウイングのことは、レッスンがお休みに入る前からちょっと悩み中だったので、
これも日々の練習の中からいい感覚を見つけていかないとダメだなって思いました。

他にも、細かな課題はあるのですが、
ま、いつもながらこの二つの大きな課題になやまされつつ?
レッスンを終えたという感じです。

ほんとう久しぶりのレッスンだったし、
「金婚式」のレッスン中に音階練習とボウイング練習のてんこ盛り状態だったので、
結構疲れた感がありましたが、
普段のだらだらした練習とは充実度が違うし、モチベーションも↑上がるってもんです。
やっぱりレッスンはいいなぁ〜と・・・、
はじめてバイオリンのレッスンに臨んだ日のことを思いだしていました(*^ー^*)

次回、レッスン日は7月30日です。
ラベル:レッスン
posted by ぽろろん♂ at 16:04| Comment(8) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
(^ー^)お疲れ様でした♪
Posted by のりのり at 2005年07月16日 17:43
のりのりさん、コメントありがとうございます。
レッスンでは思ったとおり、いろいろ注意されまくりでしたが、
それはそれですごく充実していた感が良かったです(^^)
Posted by ぽろろん♂ at 2005年07月16日 23:28
ヴァイオリンを始めて三年になる、38歳主婦bです。実は、来月初めて発表会に出ることになっており、曲目は「金婚式」です。完全に練習不足で、全体にボロボロなのですが、特にうまくいかないのが、最初のミファミーレミファーラッソファミレ...のラの音がかすれてしまって、うまく出せません。何かコツがあったら教えてください。曲中何回も出てくるフレーズなので、困っています。
Posted by 三好裕子 at 2006年10月20日 13:25
三好裕子さん、こんばんは、はじめまして!
早速ですが・・・
三好さんが言われている「ラ」はフラジオ(ハーモニックス)で
出す音ですよね?!
フラジオで出す倍音は、
ツボにはまると凄く綺麗に響く音が出るはずですよね。
この音がかすれるということで考えられるのは
1、指がポイントに届いていない?
2、指で絃を押さえすぎている?
3、ボウイングできちんと絃を捕らえきれてない?
私の経験上思い当たるのはこれぐらいしかないんですけど・・・。
なんか的を射た答えになってないかもしれませんが、
正直、私もバイオリンをはじめて3年目のレイトスターターですし、
他人にコツを教えるなんて立場でもないんですが、
「金婚式」は最近も復習した曲ですし、
私の経験でなにかお役に立つことがあれば、
と答えてみました(^^;
来月ははじめての発表会とのこと。
何かどきどき感がこちらまで伝わってきて
私の初めてのときを思い起こさずにはいられないのですが・・・
まだ10日以上あるわけですし、
苦手なところはしっかり練習して、
初めての発表会を楽しんでくださいねぇ〜\(^^)
Posted by ぽろろん♂ at 2006年10月20日 23:59
お返事、また親切なご指導ありがとうございます。フラジオやハーモニックスは初めて聞く言葉で、あわてて教本やネットで調べてみたところ、まさしく先生が見せてくれるお手本そのものの弾き方でした。さっそく自分も、弓を弦に押さえつけないように弾いてみると??、これまで出したことのないようなきれいな音が出ました。もう感激です!!まだまだ、失敗することも多いですが、発表会までがんばって練習する気力がわいてきました。
私の師匠は音大で教鞭を取られているので、私のようなド素人に手取り足取り教えてくれたりはせず、どうしたらうまく弾けるか自分で考えてみよう!といった指導方針のようで、今回のポイントも何度も弾いてみせてはくれるのだけど、要領は見て聞いて悟れ、といった感じでした。
私も「篠崎」の教本を使ってます。実はまだ二巻の50ページのあたりをうろうろしており、発表会の曲選定のために三巻を買い、「金婚式」は初めてのポジション移動、教えていただいたハーモニックス...私には高級すぎる課題曲なのです。
私はピアノも多少弾くのですが、バイオリンにはピアノにはない魅力があり、下手の横好きでこれからもがんばります。
また、時々ホームページお邪魔します。バイオリンネタ、楽しみにしています。ありがとうございました。
Posted by 三好裕子 at 2006年10月24日 11:48
三好さん、こんばんは!
綺麗に音が出てよかったですね(^−^)
私の経験が少しはお役に立てたのかな?!と
とても嬉しい気分です。
それにしても三好さんの先生は厳しそうですね。
質問とか受け付けない雰囲気なんでしょうかね?!
なんだか分かりませんが・・・
こちらまでレッスンの緊張感が伝わってくるようです。
ところで、下手の横好き・・・私も同じですよ。
それでもやっぱり上手くなりたいんですよね(^^;
大したネタのないブログですが、また何時でも遊びに来てくださいね。
篠崎教本使いの同門ですし・・・(^^)
Posted by ぽろろん♂ at 2006年10月24日 23:53
おかげさまで発表会が無事終わりました。
途中で穴に隠れたい衝動にかられましたが、なんとか最後まで弾けました。ご指導いただいたおかげです。ありがとうございました。
今は、また篠崎の二巻に戻って、基礎の練習中です。
Posted by 三好裕子 at 2006年11月23日 00:04
三好裕子さん、こんばんは!
はじめての発表会無事に終了しましたか?!
で、今はまた通常のレッスンにもどったのですね。
でもその通常は発表会以前の通常にあらず!
なのだと思います。
きっと何かが!何処かが!変わっている・・・はずなんです。
そんな感じありませんかぁ〜\(^^)
何はともあれお疲れ様でした!!
Posted by ぽろろん♂ at 2006年11月23日 23:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。