2005年10月01日

左手人差し指

コンチェルト・イ短調の練習をはじめてすぐに1箇所、
私にとって肉体的に音のとり辛い箇所が出てきて、
結局そこはレッスンまでには解決できなくて
(自分でも非常に気持ち悪いのですが・・・)
練習ではテキトーな音を出してごまかしていたのです。
で、どうすればいいのか?レッスンで先生に訊くつもりでいたんですが、
その前に、案の定「変」だって指摘されてしまいました(^^;
その部分というのは↓ここなんです。
ここが難しい〜(><)
ラーソファミーミー・シーソファミーミー
と3rdポジション「ラ」から始まる、一見、何の問題もなさそうな部分なんですが・・・、
私にとってはここは最初の鬼門でした。

上の写真を見てもらと、なにやら注意書きがしてあるのが分かると思います。
ここには「前の2指を押さえたままここでは特に1指で押さえる」と書いてあります。
分かっている人にはくどい説明かもしれませんが、
2指(中指)で「ミ(A線)」を押さえたままで、1指(人差し指)で「シ♭(E線)」の音
をとれということです。
つまり↓こういう指の形になります。
指の位置関係その1

↓こちらは2指でミを押さえ、1指でラを押さえた指の位置関係(参考)
指の位置関係その2

これはおそらくスムーズな運指をするためにはこういう例外的な場面もあるよってことを
学ぶところなんでしょうけど、これが結構(私の左手人差し指的には)辛いのです。
昔、学生時代バスケットで突き指して以来、
右手のそれに比べて著しく運動能力が落ちるこの指が練習中どんなに恨めしかったことか!!

と嘆いていても何も解決しないので・・・、
とりあえず今日は2指で「ミ」を押さえておいて、
1指でラ・シ♭・ラ・シ♭・ラ・シ♭・ラ・シ♭・ラ・シ♭・・・
と繰り返す練習をしてみました。
あと昨日からこの指のストレッチをはじめました。

兎に角、次回レッスンまでには少しでもこの部分が楽に弾けますように・・・(−人−)
posted by ぽろろん♂ at 23:51| Comment(3) | TrackBack(0) | 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぽろろん♂ さん、指がきれいですね〜。
Posted by ちと at 2005年10月02日 13:42
ほ〜らね♪
Posted by のりのり at 2005年10月02日 17:28
ちとさん、のりのりさん、ありがとうございます!
でもね、きっと写真だからなんですよ。うん^^
実際綺麗だなんていわれたことありませんから〜・・・(^^;
Posted by ぽろろん♂ at 2005年10月02日 23:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。