2005年10月15日

初バンジー

3・2・1・バンジ〜♪

今日、午後、友人と話をしていて・・・、
ひょんなことから、突然、バンジージャンプをしに行くことになり・・・、
ただバンジージャンプをするためだけに車で1時間ほどのところにある
よみうりランドという遊園地に行ってきました。
この遊園地はコースター系のアトラクションが充実しているのですが、
そういったものには目もくれず・・・、というか
大体閉園時間が17時の遊園地に16時過ぎに入園したって他に遊べるわけもなく、
着くやいなやバンジーのある場所に直行しました。

地上高22メートルからのジャンプ。
下から見上げるだけだと大したことのない高さなんですが、怖かった〜。

※写真は、ジャンプを終えた直後に私が写した友人のジャンプです。
posted by ぽろろん♂ at 23:59| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
飛ぶ事も興味があるんですね。なぜ、人間は鳥のように飛べる進化を選ばなかったのか、今となってはどうでもいいけど。バンジーは怖いからやだな。でも、読売ランドで、こんな体験できるんですね。知らなかった。こわいけど、一度体験しようかな。でも、怖い。やっぱよそう..でも...。
建設的な要望として、
近い将来、コストが掛からない飛行機システム開発したら凄い偉業だ想うのですが、やっぱ、ユザーとして、飛行機の旅客チケット買って自由に移動できれば、それで良しですね。私は、大物になれないな。(談笑)

Posted by seaside at 2005年10月16日 12:47
すごいね。勇気あるね。
私は怖くてだめだな。
Posted by ちと at 2005年10月16日 13:23
昨日レッスンでポルカ○もらいました。
来年発表会かも。どうしよう...。
Posted by ちと at 2005年10月16日 13:33
seasideさんへ
飛ぶことへの興味とバンジーは・・・、
どうなんでしょうあまり結びつかないような気もします。
なぜならバンジーは飛ぶことへのというよりは、
落ちることへの興味がメインの行為だから・・・。
ロープがあるとはいえ、高いところか身を投げ出す行為は
「生」を維持していこうとする本能に明らかに反している行為なわけで、
遊園地のアトラクションだと分かっていても、
本当に怖かったです。
オーバーかもしれませが、「生きていること」を実感するためには
もってこいのアトラクションかもしれません(^^;

ちとさんへ
バンジーはもともとどこかアフリカの?部族で行われていた
男子が成人になるための儀式がもとになっているらしいです。
そういう意味では勇気が試されているのかもしれませんが・・・、
もう上に上がると放心状態で何がなんだか分からないうちに終わっていた感じです。

ちとさんは来年発表会なんですね!
発表会の前にバンジーなんていかがでしょう?!
度胸がつくかもですよぉ〜(^^)
昨日は女性もとんでましたよ。
Posted by ぽろろん♂ at 2005年10月16日 19:26
うんうん、状態わかりました。
勝手に平行に飛び出すイメージをもってました。
落ちる状態が長いわけですからね。体験者のコメントらしい状態が伝わってきました。
でも、遊園地のアトラクションとしは、生きた心地がしない遊びで度が過ぎる気がしますね。
人間、ある程度重力を感じてないと体系が中年太りして駄目なんでしょうけれどね。怖いから勝手にダイエットの話しになっちゃた。ぶるぶる
Posted by seaside at 2005年10月16日 22:35
生きた心地がしないのではなくて、
生きていることをより強く感じられるんです(^^;
誰かに強制されたわけでもなく、
自分で体験しにいったわけですから文句も言えないところでしょうね。
申し込み時に承諾書も書かされてるし・・・(><)
でも、終わってみれば楽しいもんですよぉ〜!!
なんて強がってみたりして^^
Posted by ぽろろん♂ at 2005年10月16日 23:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8191698
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。