2005年12月31日

大晦日レッスン

今日は52回目のレッスン日でした。
ホーム スィート ホームを弾き込んでくるということが
今日までの課題だったのですが・・・、
結果的にそれはなされておらず(←って、まるで他人事?!ふらふら
課題の消化不足を完全に露呈したレッスンでしたぁバッド(下向き矢印)

で、何が消化不足なのかと言うと、
それはもう言わずと知れたダメダメボウイングを(脱力等々)矯正してくるということです。
おそらくホーム スィート ホームを弾き込ませるという課題は
この曲で習得すべき?技術になれることは言わずもがな、
私の擦れたへなちょこな音を少しでも矯正させさせよう
という意図の下に出されたものと思われるところ、
(もう1カ月も弾かせているのに)私が相変わらず暗譜出来ずに、
つまり弾き込み不足の状態で教本を見ながらチンタラ弾いているところを見れば、
先生としたら ( ゚д゚)ゴラァ! ってことになるのだと思います(^^ゞ

1時間強のレッスン時間のほとんどがボウイングのレッスンになり、
そして次回(来年1月12日予定)までにホーム スィート ホームを暗譜してくる!!
ということでこの課題は持ち越しになりました。

すっきり○を貰って新年を迎えたかったのですが・・・叶わずふらふら
くそぉ〜〜〜正月はしっかり練習するぞー!!!

ということで、皆さん、良いお年をexclamation×2わーい(嬉しい顔)

タグ:レッスン
posted by ぽろろん♂ at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月14日

レッスン51

今日のレッスン

・ホーム スィート ホーム(ビショップ)1回目
一応一通り弾けるようにはしていきまいた。
弾けるようにと言っても、もちろん余裕はなく、
音符をなぞるのがやっとと言った程度でしたが、
左手は「まぁ〜取れてます」と言うことでした。
が、やっぱり右手(腕)がねぇ〜?!・・・ということで、
今日もボウイング練習がメイン(←今回もボウイングだけで約1時間のレッスンです)
になりました。この曲のテーマ部分を使って、
歩きながら…、オーバーアクションで…、或は揺れながら…等々
身体を大きく使いながらリラックスした腕の使い方を覚えよう!
といった内容のレッスンだったと思います。

・篠崎版カイザー21番 3回目
ラド(3度の重音)を取るときの左手指の使い方を直されて、
このエチュードは今回で終了(←合格というよりあくまで終了というところがポイントです)
になりました。

本日のレッスンメモ(私用)
移絃を急がない!(移絃前の音を最後まで見届けるイメージ)
自分の殻を破る

次回レッスン(大晦日予定)までの宿題は、
ホーム スィート ホームの弾き込みのみです。

以上
タグ:レッスン
posted by ぽろろん♂ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月28日

レッスン50

今日は丁度50回目のレッスン日。
キリのいいこういう回のレッスンは妙にやる気が出てきたりなんかして・・・、
多少いれこんだ状態でレッスンに臨みました。

レッスンの10分前にレッスン室に入って、
ウォーミングアップのつもりで開放絃をボウイングしていると・・・、
先生が来られてそのままボウイングの練習に突入しました。
・・・やっぱり開放弦すら鳴ってないんだ・・・
で、今日のボウイングの目標は兎に角鳴らす!!
多少の音のつぶれは気にせずに鳴らす!!
てな感じで先生の手拍子に合わせてひたすら開放弦でボウイング練習。
それだけですでに30分。

多少楽器が鳴ってきたところで、ようやく持ち越し課題のイ短調を弾くことに・・・。
イ短調は今日でなんと5回目のレッスンです。
これ結構弾いているはずなのに、なんかさっぱり弾けてる
って感じにならない曲なんですよね。
まぁただ単に弾き込み不足ってだけの話なんでしょうけどね(^^;
でもとりあえずこの曲は今日で終了となりました。
全然、満足な出来ではないけど・・・、
っていうか、もうこれ以上やってもしょうがないということなんだと思いますもうやだ〜(悲しい顔)
なんか悔しい。

一応、この曲について今日やったこと
・ボウイング練習(正確なリズムで弾くこと)
・アインザッツのあわせ方(呼吸)
・ピアノ合わせ2回

続いて、カイザー21番、2回目のレッスンです。
こちらは前回同様、左手はすごく綺麗で音も比較的取れているとのこと。
↑正直嬉しいですぅ〜わーい(嬉しい顔)
しかし、ここでも右腕が・・・で、案の定またまたボウイング練習。
こちらは綺麗に重音が鳴るように練習してくること!
ともう一回持ち越しになりました。

最後に、次回レッスン時(12月14日予定)までの新曲宿題(ホームスィートホーム)
の見本演奏をしていただいて終了〜♪

以上

本日のレッスンメモ(私用)
右腕はしなる様に円を描く!
タグ:レッスン
posted by ぽろろん♂ at 23:58| Comment(19) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月15日

レッスン49

昨日は、レッスン日でした。
ヴィヴァルディのイ短調はすでに4回目のレッスンで
これは本当は仕上げ〜って予定だったんですけど・・・仕上がりませんでしたもうやだ〜(悲しい顔)
何が、ダメだったのかというと音程と音です。
具体的には、音程がフラフラしていることと、音に鋭さがないということ。
おそらくなんかどんよりした音を出していたんだと思います(><)

なので、レッスン時間中7割はa-mollのスケール練習とボウイング練習でした。
先々週はボウイングを結構やってちょっと得るところがあったような気がしたんですけど・・・
どうやら気がしただけだったようです。バッド(下向き矢印)
ってことで、イ短調はまたまた持ち越しです。
こうなったらトコトン付き合ってやるぅー!!

あと(篠崎版)カイザー21番をちょこっと。
こちらは前回、「これは難しいので譜読みしてくる程度でいいですよ」
ってことだったので、先週からボチボチ練習をし始めたものでした。

こちらも一通り先生の前で弾くと、
「譜を読み違えているところがあるものの3度の重音はよく取れてますよ」
と今日唯一のお褒めのことば。だと思うんだけどどうだろう・・・?!(^^;

その後先生にこれのお手本を見せてもらってレッスン時間は終了(約70分)。
もちろん、今日の課題は次回(28日予定)に持ち越しです。

以上
タグ:レッスン
posted by ぽろろん♂ at 06:51| Comment(4) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月31日

レッスン48

今日はレッスンでした。
課題は持ち越しイ短調、カイザー20番の2曲です。
それではいつものようにレッスン内容を簡単に・・・。
まずはイ短調です。
この曲は今回で3回目のレッスンです。
苦手だった後半部分も練習では
♪=160ぐらいのテンポで弾けるようになっていましたが・・・、
レッスンでは再びボロボロでした(T_T)な、なんでぇ〜?
すでに楽譜がなくてもひける状態になっていたのに、
練習ではあんなに指が動いたのに、
練習よりもぜんぜん遅いスピードでも指がもつれちゃってるよ〜ちっ(怒った顔)
先生に「早すぎます〜もっとゆっくりゆっくり」といわれて
楽譜を確認しながら弾いても音符をすっとばしたり・・・もう散々でした。
ちゃんと弾こうとすればするほど楽譜が目に入ってこなくなって・・・
頭の中が真っ白けっけ〜。
えっ〜〜〜〜〜〜〜、発表会でもあるまいしーっと思ったのですが、
おそらく練習の成果を出そう出そうと気負いすぎたのかもしれません。
それだからボウイングもめちゃめちゃ力が入りすぎていて、
イ短調のレッスンは途中から脱力(ボウイング)の練習に変更になったぐらいですふらふら
途中、レッスン時間の相当な部分を開放弦を使ったボウイングの練習に当てながら
最後に、ピアノに合わせて通して今日のイ短調のレッスンは終了になりました。
で、次回はイ短調の仕上げです。
↑仕上げだなんて書いてますけど・・・、
結局みきわめをもらえなかったっていう話ですよ〜〜〜!!(><;)

それでもね、今日のボウイング練習で少し感覚的な収穫があったので
とってもウキウキな気分なのでしたわーい(嬉しい顔)

つぎに、(篠崎版)カイザー20番。
前回同様イ短調で結構な時間が経過していたので、
このエチュードのレッスン時間は20分弱といったところでしょうかね?!
こちらも一応、前回のレッスンで注意された部分は
自分なりに消化させてレッスンに臨みました。
その甲斐あってか、先生と数回ユニゾンして○になりました。ほっ(^^)

まぁ〜今日のレッスンはこんな感じでした。
次回レッスン予定(11月14日)はイ短調の仕上げとカイザー21番です。

以上
続きを読む
タグ:レッスン
posted by ぽろろん♂ at 23:57| Comment(2) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月17日

レッスン47

今日はレッスン日でした。
コンチェルト・イ短調 2回目
(篠崎版)カイザー20番 1回目

それでは簡単にレッスン内容を・・・。
まずイ短調。
前回は途中までだったのでその続きから最後まで一通り通した後、
全体を通してのダメだしと、その矯正練習に終始しました。

・右腕が16分音符を弾くところで固くなるのでやわらかくリズミカルに!
・8分音符のところは弓を大きくメリハリをつけて弾くように!
・左手指がまだフラフラしている。
 ←まだ指の置き場所を探して右往左往しているという意味です。
  だからポジション移動時に音がパチっと決らないのです(^^;
・音程が甘い。
・拍にハマっていない。

などなど、ダメだし満載で45分。
今日指摘したところを次回までに正してくるようにということでした。

つぎに、カイザー20番
こちらも一通り弾いて、ダメだし矯正練習でしたが、
残り時間が少なかったのであまり細かく見れてないので、
兎に角リズムと音程(特に半音の指間隔)に気をつけて次回まで
しっかりと練習してくるようにということで15分。

結局、今日は○なしで、
2課題がそのまま次回レッスン(10月31日予定)に持ち越しになりました。
きびちい〜もうやだ〜(悲しい顔)

タグ:レッスン
posted by ぽろろん♂ at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月30日

レッスン46

今日、9月の晦日はレッスン日でした。
早速ですが、簡単にその内容をば。

まずはコンチェルト・イ短調なんですが、楽器を用意するやいなや
先生はいきなり「じゃー最初からとりあえず通してピアノに合わせてみましょうか?!」
と言い出すのでちょっと面食らいました。
えっ??ピアノに合わせるって・・・レッスンはこれからなのに???
すかさず私は「む、無理ですぅ〜!!!」っていっちゃいました。
だって今日は新曲初日のレッスンですよぉー!!!
っていうか、全然まともに、弾けるようになってないし・・・、
一応最後まで見るには見たんですがね(;_;)
先生「そうですかぁ〜。じゃー最初からゆっくり見ていきましょうか。」
ということで今日はこの曲については、
ちょうど曲の真ん中のあたりの切りのいいところ
(ちょうど2回目のソロが終わった部分)までのレッスンになりました。
スムーズに弾けない部分を集中的に先生とユニゾンで繰り返しながら、
最後にレッスンしたところまでをピアノに合わせて通して終了しました。

つづきまして〜カイザー19番。
このエチュードは今週月曜日から昨日までの4日間
(正確には火曜日は帰宅が午前様でまったく練習できなかったので3日間なんですが・・・)、
ネットをお留守にしながら集中して練習した課題です。
集中なんていうと聞こえがいいのですが、
あまりに前記イ短調に練習時間を割きすぎてこちらはまったく見ていなかったので
こうせざるを得なかったというのが正直なところなんですが。
まぁーその甲斐あってか?こちらは○をいただきました。
っていいのかなぁ〜って具合なので、私としては要継続練習です。

次回(10月17日予定)までに
イ短調の残りの部分と新たにカイザー20番が宿題になりました。

以上
タグ:レッスン
posted by ぽろろん♂ at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月14日

レッスン45

発表会が終わったのでレッスンは通常に戻りました。
今日のレッスン課題は曲的にはメヌエット・ト長調カイザー18番(短縮版)でしたが、
相変わらず隠れメインテーマともいえる(右腕の)脱力について考えさせられる練習がありました。

持ち越し課題だったメヌエット。
これに脱力の練習がプラスされるという感じで今日のメインメニューになった課題です。
ひとりで弾き、先生のバイオリンとユニゾンで弾き、ピアノに合わせたりと・・・、
兎に角「じゃ〜○○を意識してもう一回弾いてみましょう」
ってなかたちで、これは今日結構な時間弾いた感があります。
で、「○○」に入る部分は・・・
・身体の軸を感じること
・特にアップボウ時に身体を左に逃がさないこと
・右半身だけが動くこと
・顔の力を抜くこと
・笑顔
・口をあけたままだらしない顔
・(楽器をのせている)左肩の脱力
・右腕の重さ
・アップボウの時に息を吸うこと
・・・・etc.
と脱力を感じるためにいろいろと試みながら・・・、
この課題は今日でとりあえず終わりになりました。

カイザー18番。
この課題はこの5日間、うちでのほとんどの練習時間を当てたもので、
とりあえずテンポ60ぐらいで弾けるようにしてレッスンには臨みました。
先生と何度かユニゾンして、音程のおかしいところは都度直されつつ・・・、
「これもまぁー弾けているのでいいでしょう」と
なんかあっけなく終了となりました。う〜ん、いいのかなぁ〜・・・。
ま、いっか(^^;

ということで、次回レッスン時(9月30日)までの宿題
カイザー19番、ヴィヴァルディのコンチェルト・イ短調

以上
タグ:レッスン
posted by ぽろろん♂ at 23:57| Comment(2) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月30日

レッスン44

今日のレッスンも右腕、つまりボウイングの練習中心でした。
テーマは相変わらず脱力!することです。
特に、G線、D線で弓先を使うときに二の腕から肩に掛けて
力が入りすぎているようです。
それでもまだ開放弦を弾いているときはいいらしいのですが、
左指で絃を押さえることが加わると、とたんにスイッチが入ったように
右腕もカチっと固まるらしいのです。
う〜ん、確かにそうですね。
左手のフィンガリングに連動するように右腕に力が入っているのが自分でも分かります。

では、(私が)どうすれば右腕が楽な状態で弾けるようになるか?
その状態をどうすれば(私に)分からせることができるか?・・・
先生はしばらく考えて、「じゃ〜歩きながら弾いてみましょうか!?」と。
つまり余計なことを考えすぎて身体全体が固まっているから
右腕の動きを阻害している感じなので、
動くことで身体全体の柔軟性を取り戻しましょう!ってことらしいです。
且つ、歩くことにも神経を使わなければいけないので、
楽器を弾くことに関してはよりシンプルな動作になるのではないか?という試みですね。

それからしばらくボウイングしながらレッスン室内を行進です。
♪タッタカタ〜、タッタカタ〜
ブラスバンドならあるけど・・・バイオリン弾きながら行進なんて見たことな〜い!
傍から見たら滑稽です(^^;
行進しながらスケールを弾き、
かつ時々「4−1=?」みたいな簡単な算数の問題なども出されたりします。
頭の中は訳が分からなくなりますが・・・
その間、右腕の脱力が出来ていい感じの音が出ているそうです。
な、情けない・・・。
こんな事までやらないと脱力できないのか私は・・・。orz

ま、そんなことで今日も約60分のレッスン時間の3分の2以上が
ボウイング練習(C-dur、G-dur、B-dur、e-mollのスケール練習を含む)
に費やされたわけです。
その余の時間は発表曲のピアノ合わせと
宿題だったメヌエット ト長調のレッスンということなのですが、
結局は弓全体が大きく使えてない、或はボウイングが硬いから発音が悪いと
ボウイングの問題が大きくクローズアップされるだけということになっちゃうんですね。

で、宿題だったメヌエットは左指はちゃんと動いてるし出来ているので、
ボウイングをもう少しそれにあわせてしっかり発音できるようにして来ること、
と次回まで持ち越しになりました。
プラスして新しくカイザー18番が宿題に加わりました。

以上、次回レッスン予定は9月14日です。

タグ:レッスン
posted by ぽろろん♂ at 23:50| Comment(5) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月16日

レッスン43

最近の(というより、もう今年に入ってからずぅ〜っと)私の課題は右腕です。
つまりボウイング・・・。
これは、ここでも散々書いてきていますので、もうシツコイぐらいだと思うのですが、
ボウイングについて自分なりに何かひらめき(・0・)はっ!これだ!!
という発見がない限りこの課題に対するもやもや感が解消されないような気がします。

具体的にボウイングの何が課題か?といえば、もうただただ脱力が出来ていない!
それに尽きると思います。
もう右腕がガチンガチンでスムーズなボウイングが出来ていないのです。
力んでいるものだから弓の軌道、ひいてはそれが音にまで影響してるってことなんですね。

レッスンの度に先生に「腕が硬い!」と注意をうけ、
意識するとすんごく硬くなってるなっていうのがわかるのですが、
普段の練習であまり自覚できていないところも問題があるのかもしれません。
ただ単に力を抜いて弾くってことだけなのに・・・どうして出来ないのだろう?
そもそも力を抜くって?・・・とまぁこんな調子です。

先生には考えすぎ!といわれてしまうのですが、
やっぱり何か自分なりの答えが見つからないと・・・ともう堂々巡りになってます。

ということで、今日のレッスン(約60分)中、半分弱はボウイングの練習をしていた感じです。
その余の時間で発表曲2曲のピアノ合わせ練習と課題のレッスンという内容でした。

宿題だった(篠崎短縮版)カイザー17番、
サードポジションの練習曲(ホームスィートホーム、ソルベーグの歌、グノーアベマリア)は
今日どうにか○をいただけましたので、
4月からず〜と持ち越しだった課題はひとまず全部消化できたってことでとりあえずほっとしました。

次回レッスン時(8月30日)までのおニュー宿題 「メヌエット ト長調」(ベートーベン)

以上
タグ:レッスン
posted by ぽろろん♂ at 23:49| Comment(7) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月30日

体育会系レッスン

パート譜

今日は復帰後2回目のレッスン日。通算では42回目になります。
前回のレッスンの後、次回は発表曲をレッスンしますから
「人生のメリーゴーランド」「美女と野獣」の2曲とその音階をしっかり練習してきてください!
ということだったので、前回から今日までの2週間は家ではほとんど発表曲を弾いていました。
なんかこう書くとさぞかし発表曲を弾き込んでいそうですがそうではありません。←きっぱり(^^;
はっきり言って昨日になってようやく譜面を見なくても弾けるようになりましたって程度の練習量です。
ま、そんなことですから今日の昼間もB-dur、e-mollの音階と発表会用の2曲を少し弾いてから
レッスンに臨みました。

レッスンには、雑誌についていた楽譜の写し(伴奏用)と
自分で作ったパート譜(上の写真)を持っていったんですが、
教室に着いてバイオリンの調弦を終えてから伴奏譜を先生に渡すと・・・、
先生「じゃ〜いきなりですが、早速発表曲をピアノに合わせてみましょう!」
そういうといきなり伴奏譜を持ってピアノのところに向かいいきなりピアノを弾き始めました。
お〜〜〜い!!まだ準備が出来ていませんよぉ〜!!!
そんなココロの叫びも虚しくどんどんピアノが進んでいきます。
待っていても一向にピアノが止まる気配がないので・・・途中から入りました(^^;

発表曲2曲についてそれぞれ2〜3回ピアノに合わせて弾いたでしょうかね?!
それが終わると先生は、
「わかりました。とりあえず音が全然出ていないのと音が綺麗でないので今日はボウイングを重点的にやります!」と。
う〜ん、今日はではなく今日もなんですが・・・ボウイング練習><
それから40分ぐらいはもうボウイング、ボウイング、またボウイング。
フリーボウイング、低速ボウイングから先生に肘を支持してもらいながらのボウイング・・・etc.
その間も先生から「呼吸をボウイングにあわせて!」とか「二の腕が硬い!!」とか「手は迎えにいかない」とか
もういろいろ檄が飛んでくるわけです。

こうなるともう音楽部の練習というより運動部の特訓に近いかも(^^;って感じですが、
でもそんな練習をしているとだんだん音が大きくなってくるから不思議なんです。
音が出ていないことについては自覚があるし、
もう半年以上まるで霞が掛かったようにもやもや悩み続けているのではやく何か見つけたい!
と思うのですが・・・なかなか難しいですね。

ボウイングについて私の欠点(注意喚起用)
・G線をアップで弾く時壁がない(身体が左に曲がる)。
・兎に角大きな音を出そうと力が入りすぎる!!!硬い!!!硬すぎる!!!!
・左手指がつくとさらに右腕が硬くなる。硬くなりすぎる!!!!!!
・さらに時々呼吸を忘れている。⇔さらに身体が硬くなる。
・腕を大きく使えていない。
・軌道が斜め。特にアップの時に駒よりになる。
・移絃の時の稼動範囲が大きすぎる

レッスンの残り時間で少し教本をやることになりました。
今日は教本をやらないと思っていたので教本で宿題となっていた課題は練習不足だったのですが
(宿題になっているのにあまり練習していないっていう言い訳もどうかと思うのですが、
事実ですから・・・(^^;)、
とりあえず、篠崎版カイザー16番とサードポジションの練習62番、荒城の月は
○になりました。篠崎版カイザー17番以下継続課題はさらに持ち越しです。

次回レッスン予定は、8月16日です。
タグ:レッスン
posted by ぽろろん♂ at 23:49| Comment(2) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月16日

3ヶ月ぶりのレッスン

予告通り?昨日は夜、復帰第1回目、通算して41回目のレッスンでした。

一応、前回のレッスンで宿題になっていたところ(7月2日のログ、イントロ1参照)は
昨日の朝の練習も含めて辛うじて目を通していきました(^^;

で、肝心のレッスンですが・・・
宿題のうち、「金婚式」が○になりました^^
3ヶ月越し〜♪
あともう一曲前回のレッスンからの持ち越しになっていた篠崎版カイザー16番は・・・
さらに持ち越しです><
といいますか、レッスン時間がほぼ「金婚式」練習だけで終了しました〜(T_T)
だから他の宿題もすべて持ち越しです。

「金婚式」だけで約60分のレッスン。
それぐらいこの一曲に多くの課題がありました。
もちろん私が克服すべき課題のことですよ(^^;

で、そのひとつは音感です。3ヶ月のブランクは思いのほか大きく
音感という一番重要な部分を鈍らせてくれました。
具体的には、音程が全体的に垂れている(低い)そうです。
特に2の指(中指)のズレが大きいようです。
レッスンをお休みする前までは
確か、3の指(薬指)の音程のズレが大きいと指摘されることが多かった記憶があるんですが、
それが2の指に変わりました(^^;

全体的に音程が垂れているということは
もちろんポジション移動するときも同じなわけで、
サードポジション移動時にサードポジションの位置まで上がりきっていないといわれました。

実はサードポジション。まだ自分の中でその位置関係がしっくりいっていなくて、
まだなんか音をさがしさがし移動させているような状態なんですね。
先生にもそのことは指摘されて、
「音を探すというよりは、もう感覚的に身体全体で位置を覚えるしかないんだ」と言われました。
つまり悲しいかな練習量が足りないってことなんです。

まぁそんな感じで昨日は怪しい音感を矯正すべく、
レッスン時間の半分以上はファーストポジションとサードポジションの音階練習でした。
特に、C-dur(ハ長調)とa-moll(イ短調)の音階を・・・。

二つ目は、ボウイングです。
相変わらず、演奏中の音が綺麗じゃないからと、
開放弦を使ってボウイングの練習をさせられるのですが、
開放弦で練習しているときはそこそこ綺麗な音が出ているらしいのです。
それが、曲の中では汚くなる。
それはなぜなのか?しばらく先生は考えていましたが・・・
どうも曲演奏中は私のボウイングは開放弦の時のフリーボウイングに比べて
ちっちゃくちっちゃくなっているそうです(^^;
つまり萎縮しているんですね。おまけに先弓の部分が抜けているから(軽いから)
そこでコントロール出来ていないと・・・。
確かに、先生に言われるとおりの感覚があります。←だからだめなんじゃん(^^;

ボウイングのことは、レッスンがお休みに入る前からちょっと悩み中だったので、
これも日々の練習の中からいい感覚を見つけていかないとダメだなって思いました。

他にも、細かな課題はあるのですが、
ま、いつもながらこの二つの大きな課題になやまされつつ?
レッスンを終えたという感じです。

ほんとう久しぶりのレッスンだったし、
「金婚式」のレッスン中に音階練習とボウイング練習のてんこ盛り状態だったので、
結構疲れた感がありましたが、
普段のだらだらした練習とは充実度が違うし、モチベーションも↑上がるってもんです。
やっぱりレッスンはいいなぁ〜と・・・、
はじめてバイオリンのレッスンに臨んだ日のことを思いだしていました(*^ー^*)

次回、レッスン日は7月30日です。
タグ:レッスン
posted by ぽろろん♂ at 16:04| Comment(8) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。